2018年10月13日

PDF「陸奥の吹雪(むつのふぶき)」楽譜(無料)のダウンロード

落合直文 作詞・好楽居士 作曲「陸奥の吹雪(むつのふぶき)」

歌詞:
1)
白雪深く降り積もる
八甲田山(はっこうださん)の麓原(ふもとばら)
吹くや喇叭(らっぱ)の声までも
凍るばかりの朝風を
物ともせずに雄々しくも
進み出でたる一大隊
2)
田茂木野(たもぎの)村を後にして
踏み分け上(のぼ)る八重の坂
雪はますます深うして
橇(そり)も動かぬ夕まぐれ
せんなくそこに露営せり
人は垂氷(つらら)の枕して
3)
明くるを待ちてまた更(さら)に
前へ前へと進みしが
み空のけしき物すごく
たちまち日影かき暗し
行くも帰るも白雪の
果ては道さえ失いぬ
4)
雪降らば降れわれわれの
勇気をここに試しみん
風吹かば吹けさりとても
行く所まで行かでやは
さは言え今は道もなし
あわれ何処(いずこ)ぞ田代村
5)
君のためには鬼神(おにがみ)も
取りひしぐべきますらおも
国のためには火水(ひみず)にも
入らば入るべき武士(もののふ)も
今日の寒さは如何にせん
零度を下る十八度
6)
身を切るばかり寒ければ
またも露営と定めしが
薪(たきぎ)の無きを如何にせん
食のあらぬを如何にせん
背嚢(はいのう)銃身(じゅうしん) 焚(た)きつれど
そもまた尽きしを如何にせん
7)
雪の此の夜の更けゆきて
寒さいよいよまさりたり
凍えこごえて手の指の
みるみる落ちしものもあり
神いまさぬかあなあわれ
いのち迫れり刻(とき)の間に
8)
居ながら死なんそれよりは
いずこへなりと行き見んと
山口少佐を初めとし
二百余人のつわものが
別れ別れにちりぢりに
たどり行きけり雪の道
9)
烏拉爾(ウラル)の山の朝吹雪
吹かれて死ぬるものならば
西伯利亜(シベリア)原(はら)の夜の雪
埋もれて死ぬるものならば
笑(え)み含(ふく)みてもあるべきに
あああわれなり決死隊
10)
ここの谷間に岩かげに
はかなくたおれしその人を
問い弔(とむら)えばなまぐさき
風いたずらに吹きあれて
うらみは深し白雪の
八甲田山の麓原(ふもとばら)

※作詞:落合直文

※視聴される方はプレーヤーのボリュームを調整(通常半分以下)してください。


※プレーヤーを右クリックすると試聴用MP3ファイル(無料)をダウンロードできますが、観賞用に作成したものではありません。

※楽譜は、メロディーにコードを付記しただけのものとなります。

PDF「陸奥の吹雪(むつのふぶき)」楽譜(無料)のダウンロード

※楽譜をダウンロードされる方は「楽譜をダウンロードされる方へ」をご一読ください。
posted by Londo at 20:35
"PDF「陸奥の吹雪(むつのふぶき)」楽譜(無料)のダウンロード"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: